サファリの手帖 [ロッジサファリ] <サンブール国立保護区> [Top Pageに戻る]
MasaiBeads
Oryx          サンブール国立保護区
  バッファロー・スプリングス & シャバ 両保護区


ケニア中部、エワソ・ンギロ河を挟んで広がる3つの国立保護区。 サンブールとバッファロースプリングスは互いに似通った環境・植生を有し、エコシステムとしてはひとつの物と解釈できる。 河を挟んで二つの行政区(郡)に分かれていなければ一つの保護区として管理・運営されるだろう。 東隣のシャバ国立保護区も西端は同じエコシステムに属するが、中部から東部へ移動するにつれ溶岩質に覆われた地表となり、環境・植生の著しい変化が見られ興味深い。 
北緯0度40分と僅かながら北半球に属し、アミメキリンや縞目の細かいグレービーシマウマ、ソマリダチョウ、オリックスの大群など、南部では見られない野生動物が観察できる。 アフリカゾウの個体数も多く、半乾燥地帯という土地柄、水場での活発な行動や、後肢で立ち上がり鼻をいっぱいに伸ばして高い木の枝をむしり取るなど、面白い生態行動に遭遇することもある。
MasaiBeads

サンブール国立保護区への行き方
ナイロビから空路
飛行時間 約60分
片道運賃:$150.-
往復運賃:$257.-
(2009年ハイシーズン料金 エアケニア)
小型機専用飛行場「ウィルソン空港」から国内線大手の「エアー・ケニア」
「サファリリンク」毎朝運航している。午前9:15ウィルソン空港発発

ウィルソン空港を離陸後まっすぐ北に進路をとる。ナイロビ郊外を抜けアバディア山塊とケニア山方面へ向かう。ケニア最大人口を誇る農耕民キクユ族のホームランド上空を飛ぶので、眼下の険しい丘陵地帯にまで広がる畑作地帯の風景には驚かされる。
ナイロビから陸路
距離: 約350Km
   所要5時間半
(休憩時間含まず)
ナイロビから200Km(所要3時間弱)ほど行くと赤道を越えて北半球に入る。 赤道を示す標識があり土産物屋が並ぶが、水差しと調理用ボウルを持った何人かがいる。<コリオリの力>を実証するパフォーマンスを行う人々だ。底に穴の開いたボウルに注いだ水が北半球と南半球では左右逆に回転しながら排水され、赤道上では回らない、という実験を見せてくれる。一見の価値有り。彼らの収入源<赤道通過証明書>も、実験に感心したら購入しよう。
赤道から約50Kmのイシオロまでは舗装路が続くが、最後の100Km弱が手ごわい悪路で時間をとられる。

エアーパッケージ 定期航空便を使って長距離移動 モデル・プラン へジャンプ
ロードパッケージ サファリ・バスを使って移動    モデル・プラン へジャンプ

MasaiBeads

サンブール地域の主なロッジ
ロッジ名 客  室 価格帯 サファリの手帖 寸評
ラーセンズ テント A- テント総数17の高級テント・ロッジ。客室もダイニングも河に面し、敷地内をディクディクが走り回る。特注陶磁器と銀器でとるディナー前にはシェリー酒が振る舞われる。
サンブール・ロッジ 木造のコテージ風 B サンブールでは老舗。テラス下のワニを餌付けしている。整備員のいるガレージとガソリンスタンド併設。
サンブール・セレナ・ロッジ 石造に草葺屋根 B 所在はバッファロー・スプリングス内。対岸にヒョウの餌台が設置され、夕食時によく現れる。
サロバ・シャバ・ロッジ 木造の2階建て B 所在はシャバ内。豊富な湧水をふんだんに使った大きなプールとフルサイズのバスタブ付客室。埃にまみれたサファリ後には非常に心地よい。
サンブール・イントレピッズ テント A- テント総数27の高級テント・ロッジ。
アシュニル・サンブール・キャンプ テント B+ テント総数23、2008年9月オープン。

MasaiBeads

エアーパッケージ  モデルプラン

旅程表 サンブール国立保護区2泊3日 <空路>往復
定期路線飛行便と、ロッジ車両を使ってのゲームドライブを組み合わせたプラン。
ひとり旅でも、いつでもご利用いただけます。
1日目 ナイロビ ⇒ 定期飛行便 ⇒ サンブール国立保護区
08:45 小型機専用「ウィルソン空港」にて「サンブール行き」定期便にチェックイン。
09:15 サンブール国立保護区へ向け離陸。途中、赤道直下の街「ナニュキ」飛行場(着10:00/発10:10)を経由する。
10:30 サンブール国立保護区飛行場到着。出迎えのロッジ車両でゲームドライブをしながらロッジへ。
12:30 ロッジにて昼食
15:30 日没頃(18:30前後)までのゲームドライブへ
19:30 ロッジにて夕食                               ※宿泊 <お好みのロッジ>
2日目 サンブール国立保護区 滞在
06:30 早朝ゲームドライブ
08:30 ロッジにて朝食
12:30 ロッジにて昼食
15:30 午後のゲームドライブへ
19:30 ロッジにて夕食                                ※宿泊 <お好みのロッジ>
3日目 サンブール国立保護区 ⇒ 定期飛行便 ⇒ ナイロビ「ウィルソン飛行場」
06:30 早朝ゲームドライブ
08:30 ロッジにて朝食
09:30 ロッジ飛行場へ向け、ロッジ発 ※飛行ルートの都合上、繰り上げ・繰り下げがあります。最終決定は現地レセプションで。
10:50 「ウィルソン飛行場」へ向け、出発。 途中「ナニュキ」(着11:10/発11:30)経由。
12:15 ナイロビ「ウィルソン飛行場」到着
3泊4日の場合は旅程2日目のスケジュールを繰り返すかたちになります。
※サンブール午前9:15発で「マサイマラ国立保護区」行きの便もあります。(片道$225.-)

MasaiBeads

ロードパッケージ  モデルプラン
サンブール地区のみを目的地とする<ロード・パッケージ>は道路事情が悪いため、移動時間がかかり過ぎて現実的ではありません。サファリの手帖は、途上にある他の目的地を含んだ旅程をお勧めします。
【ケニア・ザ・ベスト】をご参照ください。

MasaiBeads


サファリの手帖 
[ロッジ・サファリ] <サンブール国立保護区> [Top Pageに戻る]MasaiBeads
(C) 2009 All rights reserved. AfroSpace Ltd., Nairobi, KENYA.